更年期の抜け毛が止まらない場合に知っておきたい3つの特徴

一度抜け始めると、量も増えて収まる気配がないのが抜け毛…。

更年期を迎えてから、抜け毛が私は止まらなくなりました。

私と同じような悩みを抱えている女性は、意外と多いのではないでしょうか?

もし同じ悩みを抱えているのであればわかると思いますが、自分の髪の毛が減っていくのはなかなか耐え難いものがあります。

ということで、ここでは更年期の女性の抜け毛について細かく解説したいと思います。

対策も紹介するので、気になる方はそこだけでもチェックしてください。

更年期の女性の抜け毛はいつまでつづく?

更年期を迎えたと同時期に私は抜け毛が酷くなり始めました。

抜ける量だけ増えて、いつ抜け毛が終わるのだろうという不安だけが募っていくばかりでしたね。

不安に押し潰されそうになった私は、更年期の女性の抜け毛がいつまで続くのかを調べたので、紹介していきます。

まずは、更年期になぜ抜け毛が一気に進行する理由をお話します。

更年期になると、女性は女性ホルモンの一つであるエストロゲンという物質を分泌しにくくなってしまうのです。

エストロゲンの分泌量が低下するとホルモンのバランスが崩れて、精神や肉体に様々な影響を与えてしまいます。

その中の一つが抜け毛の増加です。

エストロゲンには、髪の毛の成長や抜けないようにするといった働きがあります。

しかし、更年期にはエストロゲンの量が減少してしまうので、髪の毛が正常に育たずに早く抜けてしまうということになるのです。

これが更年期の女性に抜け毛が多い原因になっています。

それでは、更年期の女性の抜け毛がいつまで続くのかを解説していきます。

更年期の女性の抜け毛は放置していると収まることはありません。

更年期を迎えてからエストロゲンの分泌量は、年齢とともに減少していきます。

なので、抜け毛が収まるということはないのです。

更年期の女性の抜け毛の3つの特徴?

更年期の女性の抜け毛には、いくつか特徴があります。

  • 髪が細く弱っている
  • 比較的短い髪が抜ける
  • 50代の前後で症状が出る

髪が細く弱ってる

抜け落ちてしまった髪の毛や今生えている髪の毛を見ると、昔の自分の髪の毛よりも細く弱っていませんか?

昔から髪の毛は細い方だったという人でも、今の方が細くなっていると思います。

その理由はエストロゲンの量が減少してしまったため、髪の毛が正常に成長できない状態にあるからです。

正常に成長できていない髪の毛は、抜け落ちやすくなっています。

比較的短い髪が抜ける

長髪の方は、抜けている髪の毛が長いものではなく少し短めのものが多いと思います。

髪の毛には生え始めて抜け落ちるまでに一定のサイクルがあるのです。

しかし、エストロゲンの量が減少することによって、そのサイクルが乱れてしまいます。

髪の毛のサイクルが乱れることで、髪の毛が成長しきる前に抜け落ちてしまうのです。

なので、比較的短い髪が抜け落ちることが多くなっていますよ。

50代の前後で症状が出る

更年期は、一般的には40~60歳で起こるものです。

更年期が起こると急激にエストロゲンの量が減少するので、抜け毛が多くなります。

更年期に抜け毛の症状が出るのは、避けられないものです。

なので、しっかりと対策を取ることが重要ですよ。

更年期女性の抜け毛のまとめ

「あっ更年期の抜け毛かも」と思ったら、放置するのではなくなるべく早めの対策をして下さいね。

育毛剤を使う女性も多いですが、まずは食事でもエストロゲンを摂ることをおすすめします。

今は更年期女性の抜け毛に最適な栄養バランスのサプリもあるので食事とサプリから始めることがいいかもしれません。

ちなみに、私が試したイクモアという育毛サプリを試しましたがなかなか良かったですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする