更年期の薄毛に悩む女性におすすめのヘアスタイル5選

更年期になると、薄毛に悩まされ始める女性が大勢います。

薄毛で困るのが、ヘアスタイルです。

ヘアスタイルによっては薄毛が目立ってしまい、恥をかいてしまうなんてことも…。

そうならないために、更年期の薄毛に悩んいる女性におすすめのヘアスタイルを紹介していきます。

更年期で薄毛の女性におすすめのヘアスタイル5選

更年期の薄毛に悩んでいる女性には、薄毛がうまくカバーされたヘアスタイルを紹介したいと思います。

薄毛を上手くカバーできる厳選した5つのヘアスタイルです。

やり方なども紹介するので、参考にしてみてください。

  1. お団子スタイル
  2. ショートボブ
  3. ハーフアップ
  4. パーマ
  5. 小物を使った髪型

お団子スタイル

髪の毛を頭のてっぺんに集めてお団子を作ることで、つむじ周辺の薄毛をカバーできるヘアスタイルです。

お団子を作る手順は、このようになっています。

  • お団子を作る位置でポニーテールを作る
  • ポニーテールをねじる
  • ねじったポニーテールをゴムを中心に巻いていく
  • 巻けたらピンで固定していく

ポイントは、ポニーテールをしっかりと高い位置で作っておくことです。

少し高すぎるかなと感じるかもしれませんが、つむじをカバーすることを考えれば高くはありません。

また、お団子の作り方はその他にもいろいろあります。

比較的アレンジしやすいヘアスタイルなので、自分のスタイルにあったアレンジをしてみてください。

ハーフアップ

全体的な薄毛をカバーできるヘアスタイルがハーフアップです。

ハーフアップの手順は、このようになっています。

  • 耳上の髪の毛をまとめて後頭部にもっていく
  • 両サイドの髪を持ってきたらゴムで結ぶ

これは、ハーフアップの基本です。

ここからアレンジの方法はいくつもあります。

例えば、ゴムをバレッタに変更するだけでも個性が出ておしゃれになりますよ。

髪の毛を結ぶ前にねじってみたり、三つ編みにするだけで高級感が出たり、可愛らしさがでます。

状況に合わせてアレンジを変えれば、様々な場所で通用するヘアスタイルですよ。

きっちりと整えればフォーマルな場所でも、ラフにすればカジュアルな雰囲気が出ます。

ショートボブ

お団子やハーフアップは、髪が長くないと難しいヘアスタイルでした。

しかし、ショートボブであれば髪が長くなくても可能な髪形です。

ショートボブの作り方は、このようになっています。

  • ヘアアイロンで、髪の毛を内側に緩く巻いていく
  • ケープなどでボリュームも持たせる

ショートボブは、全体的にボリュームの出るヘアスタイルです。

ボリュームを出すことで、薄毛が目立たなくなります。

また、ヘアアイロンを使わないでショートボブを作る方法もありますよ。

それは、カーラーとドライヤーを使う方法です。

ヘアアイロンを使った方が楽なので、ヘアアイロンを使う方法を紹介しました。

また、ワックスなどを使い髪の毛をクシャっとすることによってさらなるボリュームが出ます。

シルエットからもボリュームがわかるので、薄毛をカバーできますよ。

それ以外にもかき上げるスタイルなどアレンジもいくつかあります。

自分に合ったアレンジを見つけてください。

パーマ

薄毛をカバーしたいのであれば、美容院でパーマをかけるのも手です。

ショートボブ同様にボリュームを出すことで薄毛を目立たなくさせます。

しかし、1つ注意が必要です。

それは、やりすぎることになります。

あまり頻繁にパーマをかけることは、おすすめできません。

その理由は、髪の毛や頭皮を傷つけてしまうからです。

傷つけすぎると、薄毛を進行させる原因になるので、適度にパーマをかけましょう。

小物を使った髪型

小物を使用して、薄毛を隠す方法もあります。

太めのカチューシャを使って薄毛をカバーしたり、帽子を被って頭全体を隠す方法もありますよ。

しかし、カチューシャや帽子がふさわしくない場所などがあります。

なので、あまり万能ではありません。

しかし、万能な小物がないわけではありません。

それは、ウィッグです。

一部分用や全体を覆うものまで、値段はかなりピンキリになっています。

しかし、せっかくなのであればオーダーメイドで作ることがおすすめです。

頭の形や髪色、髪質などが完璧にフィットするように作られたのがオーダーメイドウィッグになります。

髪の毛全体を覆うフルウィッグだと、2万円から10万円ほどで作ることができますよ。

まとめ

薄毛は、髪型によって隠すことができます。

なので、あまり帽子などで隠しすぎるのも良くありませんよ。

帽子を被っている間、頭皮は蒸らされている状態です。

頭皮にとってあまりいい状態とは言えないので、できればヘアスタイルを変えて薄毛を隠すのをおすすめしますよ。

また、隠すだけではなくしっかりと対策した方がいいですよ。

薄毛は、徐々に進行していくものです。

なので、育毛サプリなどを使って対策もしていきましょう。

大切な髪の毛は、行動によってはまた昔のような若々しい髪の毛に戻りますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする