イクモアでより効果を引き出す理想的な飲み方は?

薄毛の悩みって、男性だけのものではないですよね?

私も30代の後半からボリュームがなくなり、40代に入ってからは分け目が目立つようになり悩んでいました。

そんな悩みを救ってくれたのが、女性用薄毛対策サプリメントのイクモアです。

イクモアは、女性の薄毛を研究している服部達也先生が監修した育毛サプリです。

今まで育毛というと育毛剤のイメージが強くて、

「育毛するのにサプリメント?」

と思われるかもしれませんが、特に更年期の女性の育毛は育毛剤よりも飲むタイプの育毛サプリの方が人気が高くなっているんですよ。

私の悩みを解決してくれたイクモアのより効果の出やすい飲み方や気を付けることを紹介していきます。

おすすめの飲み方と飲むタイミング

せっかくイクモアを飲むのであれば、効果が出やすい方法で飲みたいですよね。

ということで、効果の出やすい理想の飲み方について紹介していきます。

念のため!今から紹介する方法を実行しなければ、効果が出ないということはありません。

毎日しっかりと飲み続ければ、効果はしっかりと出ますよ。

それを踏まえて、より効果が出やすい理想的な飲み方の紹介です。

  • 毎食後に1錠ずつ飲む
  • 水、ぬるま湯で飲む

この2つを守って飲めば、効果は比較的早く表れるはず!

イクモアにプラスαで取り入れたいコト

また、さらに効果を高めたいという人は、こちらも参考にしてください。

  • 大豆イソフラボンを多く摂取する
  • 規則正しい生活を送る

大豆イソフラボンを多く摂取する

大豆イソフラボンを摂取すると、髪の毛にとっていい影響がたくさんあります。

例えば、髪の毛のツヤやハリが出たり、髪の毛が正常に成長したりするのです。

イクモアにも大豆イソフラボンは含まれているのですが、食事からも摂取することでより高い効果が期待できます。

大豆イソフラボンが多く含まれている食品には、納豆や豆腐など比較的手に入れやすいものもあるので、食事に取り入れてみてください。

規則正しい生活を送る!

不規則な生活が髪の毛に与える影響は、決して少なくありません。

仕事や家事に追われてなかなか難しいと思いますが、できるだけ早寝早起きを心掛けてください。

たくさん寝れる人は出来るだけたくさん寝る。

といっても、寝すぎて夜寝れなくなるなんてことがないように!

ストレスが女性ホルモンの乱れにつながって女性特有の抜け毛の原因にもなります。

出来るだけストレスをためないように、

1日1笑を心掛けるというメンタル面でのコントロールも必要です。

イライラしたらまず大きく深呼吸、

不安になっても何とかなる

やりたいことはなるべく我慢しない!

これが大切です!

イクモアを飲むなら覚えてほしい理想的な髪の乾かし方!

イクモアを飲むうえで注意してほしいことがあります。

それは、頭皮の環境を良くしようとすることです。

イクモアを飲むだけでも育毛効果は実感できるのですが、頭皮の環境が悪いと効果が半減以下になってしまうこともあります。

そうならないために、一番髪の乾かし方に注意してください。

みなさんは、普段どのように髪の毛を乾かしていますか?

まさか、タオルで拭いて、後は自然乾燥なんてことしていないですよね。

もししているのであれば、やめた方がいいですよ。

ドライヤーで乾かす方が髪の毛を痛めつけるイメージがありますが、実際には自然乾燥の方が頭皮や髪を痛めつけています。

髪の毛を乾かす理想的な手順はこちらです。

  • 十分にとタオルで水気を拭き取る
  • 洗い流さないトリートメントで髪をコーティングする
  • 根元から毛先にかけてドライヤーで乾かしていく

洗い流さないトリートメントはなければいいのですが、できるだけした方がいいですよ。

また、髪の毛を乾かす時間がもったいないと思ってしまう人も多いと思います。

ロングヘアーになるにつれて、時間がかかって面倒になってしまいますよね。

そんなあなたは、頭をタオルで覆ってから乾かすと、比較的早く髪の毛が乾きますよ。

タオルは、塗れていないものの方が好ましいです。

しっかりとドライヤーで髪の毛を乾かすことが、頭皮にとっていい環境を作る第一歩です。

少し面倒かもしれませんが、やってみて下さい。

まとめ

イクモアは、口コミも良く評判の良い商品です。

口コミを見ると20代の人も使っていれば、60歳を越える方まで幅広い人が使用しています。

イクモアで満足度調査結果のまとめ!評価が高いのは40歳以降で紹介してる通り、

特に更年期の抜け毛で悩む人には受けがいいですね。

なので、自分の年齢でも効果があるのかなど不安はあると思いますが、今回紹介した点に気を付けて自信をもって飲んでくださいね!